RSS Feed

羊の皮を被った狼

2017年3月8日 by dolce

夏目漱石の小説「こころ」の一節に「怖いのは、善人と思っていた人が突然 、悪人になるからですよ」というところがある。
私が高校生のころだったか、この部分を読んでから、妙にこの部分が気になって処世術の1つになったような気がする。
フィクションにもこのような部分はしばしば出てくる。
「羊の皮を被った狼」はよく使われる。

人を信じられるかどうかは、これらの言葉を忘れられないように過ごすことは、現代の社会のように 、突然、殺人者に変身するような人を見るにつけ、用心することにこしたことはない。
動物でも 、用心がたりないものが餌食になっている。

「善人のように」「虫一匹だに殺さない」が本物かどうかはその人の過去を探ってみるべきである。
「 妙にやさしい」のは「赤ずきんちゃん」かも知れない。

「赤ずきんちゃん、気をつけて」ブログにも「尻尾」が見えたりするよ。


1件のコメント »

  1. tsuguo-kodera より:

     漱石で私が好きなのは坊ちゃんです。私は不思議です。坊ちゃんは漱石が有名なってから書いた小説。でも一番素直な論旨や文章のようですので。坊ちゃんも山嵐も赤シャツも野太鼓も善人なのか悪人なのか分かりません。うらなりもマドンナも、生徒もです。登場人物全部が悪の面を持っている。人生も人間もそれでいいのでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。